図書館員@UW研修中のブログ

日本の私立大学図書館員@ワシントン大学東アジア図書館研修中の期間限定更新ブログ。大学図書館での仕事やシアトルの生活をゆるゆるお送りします。

アメリカ東海岸滞在記①~ワシントンD.C.編~

突然ですが、11日から一週間の予定で、東海岸大学図書館を巡る旅をしています。

Washington D.C.から始まり、New York、New Haven、最後にBostonに寄り18日にシアトルに帰る予定です。

 

初日はメリーランド大学プランゲ文庫に訪問させていただいたので、別の記事にてご紹介できればと思います。

ワシントン滞在中は自分でも驚くことに気づいたら2日連続で寝落ちしていて全然ブログをあげる余裕もなく…とりあえず図書館見学以外の記事として、Library of Congress+αを回ってみたので簡単にご紹介です~

図らずも観光シーズン真っ只中のD.C.は人がたくさんで蒸し暑く、シアトルでは耳にしなかった蝉の声をきき、東京を思い出しました…。

 

Library of Congressは今回の図書館巡りの候補にもちろん入っていたのですが、日程的にどうしても土曜日になってしまい、アポは取らずに通常見学で入館しました。書架は一般開放されていないので、単なる建物見学にはなりますが、ここが世界最大規模の図書館かと思うと感慨深いです。

f:id:seattle2017:20170813140215j:plain

f:id:seattle2017:20170814142559j:plain

10時過ぎに行ったのですが、既に入館に長蛇の列。セキュリティチェックがあるとどうしても並びます…

 

この日は無料で行われるBuilding Tourに参加しました。45分ほどで館内建築の見どころを解説してくれます。一部、このツアーでしか入れないエリア(主閲覧室、天井ドームと閲覧席を眺望可)もあります。

知を司るミネルヴァのモザイク画は主閲覧室を守護するように配置されています。その後ろに…

f:id:seattle2017:20170813140622j:plain

ちらっと覗ける閲覧室。利用登録すれば使用も可能です。

f:id:seattle2017:20170813140752j:plain

 

これまでLCのWebサイトを使用しても、掲載されている画に特に注意を払ったことはありませんでしたが、見覚えのある彫刻や画に多く出会い、これのことだったのかと驚きの連続です。

個人的にはLC Authoritesをよく使用するので、2階の各回廊に立つ天使たちに出会えてちょっと感動しました。

f:id:seattle2017:20170813135603j:plain

 

ワシントンD.C.には土日で滞在できたので、他にも定番の美術館・博物館系を訪問したり、DC Go Card(Explore Pass)を利用した観光を行ってみました。

どこもかしこも初めてなので、行く先々で立ち止まり写真を撮影したりしたのですが、この3日間で一番思い出に残りそうなのはNight Tourでしょうか。
Explore Passで選べるアトラクションの一つにBig Busが企画するPanoramic Night Tourが含まれていたので参加したのですが、出発直後に雷雨に見舞われ、バスデッキではなく車内でガイドを聞くも、気温も急激に下がったため窓ガラスが曇り何も見えないという状況に。

Union Station出発時は青空も見えましたが、

f:id:seattle2017:20170814134851j:plain


ワシントンモニュメント横を通り過ぎる際には雷鳴とともにこんな雲行きになり…

f:id:seattle2017:20170814134949j:plain
遂に数メートル先も見えないほどのスコールに。

本来はホワイトハウスが綺麗に見えるはずの場所。

f:id:seattle2017:20170814135045j:plain

2時間のツアーのうち、30分はバスを降りてリンカーンメモリアルなどを散策する予定が含まれていたのですが、はじめに近くを通過した際はとても降りられる状況ではなく、散策は見送ることに。

このまま下車せずに駅に戻るかも、ということだったのですが、奇跡的に再びリンカーンメモリアル近くを過ぎた際は雨も小降りになり、最終的には傘もいらなくなりました!
ということで不運に見舞われながらも無事に目にすることができた、夜のリンカーンメモリアルとリフレクティング・プールはこちら。

f:id:seattle2017:20170814141138j:plain

f:id:seattle2017:20170814141157j:plain

雨上がりの澄んだ空気の中水面に移るモニュメントはいつまでも見ていられそうで、Tourでなく普通に夜に来てもよかったかなと思ったりしました。

そしてその結果次の日も同じところに来てみたりしました。

f:id:seattle2017:20170814141639j:plain

f:id:seattle2017:20170814141734j:plain

昼も夜もどちらも心が凪ぐ景色です。


ちなみにPassはアプリをパスポート代わりに利用できるのですが、Big Busの乗車に使用する際はUnion SationのBus Kioskで手続きが必要になります。

KioskはCapitalに面した側のStreet Level駅構内壁際、Big Busが停車している道路側から駅に入ってすぐの所にあり、ここでPassのQRコードを見せると当日付のレシートを発行してくれます。
ナイトツアーも日中のHip Hop Busもこれが乗車券代わりになりますので、一日が終わるまでは捨てずに携帯しておきましょう。

さて、ワシントンDCのことはこれくらいにして、明日からはNew Yorkの図書館巡りに行ってきます。

 ところでこの記事はワシントンDCからNew Yorkに移動する電車内で書きはじめたのですが、危うくワシントンDCでもう一泊する羽目になりそうでした…待てど暮らせど乗る予定の高速バスは来ず、結局電車に乗って移動したのでした。日付をまたぐ前にNYに辿り着けて良かったです!

 

明日からは大都会の図書館訪問、楽しみです~!

 

~おまけ~

ワシントンD.C.のビール。

Atlas Brew WorksのDistrict Common (Califolnia Common) とPONZI(IPA)。

f:id:seattle2017:20170814132637j:plain

f:id:seattle2017:20170814132222j:plain