図書館員@UW研修中のブログ

日本の私立大学図書館員@ワシントン大学東アジア図書館研修中の期間限定更新ブログ。大学図書館での仕事やシアトルの生活をゆるゆるお送りします。

約100年前の原稿用紙を整理していて気づいたこと

今週はアルバイトの学生さんにも手伝ってもらい、タコマ日本人會が取り扱っていた日本人移民関連の各種證明願(住民から申請された在留、身分、事実、営業、農業等の證明願)をひたすら整理してました。

日本への渡航及びアメリカへの再渡航に必要な書類だったりと、今でいうビザのような書類が多いようです。

段ボール5箱分、今からおよそ100年前の資料10年分をひたすら種類別に仕分けてます。

 

既に最後の1箱に手を付けているところだったのですが、今日ふと手にある證明願を見ていたら、ある事に気づきました。

 

机の上で見ると何も書かれていないただの原稿用紙の一部分ですが…

f:id:seattle2017:20170706155422j:plain

光に透かすと…

 

f:id:seattle2017:20170706155907j:plain

f:id:seattle2017:20170706155756j:plain

この原稿用紙、ウォーターマークが入ってました!

こちらに研修に来る前に西洋初期刊本を扱うワークショップに参加していたので、ウォーターマークを本から探す作業をしたり、マークの位置から判型がわかるということなどを学んだことを思い出しつつ、改めて原稿用紙を眺めたりしていました。

ちゃんとみると、ほぼほぼ全ての用紙にきちんと入ってました。

 

現代でもウォーターマーク入りの紙はごまんとあるのでだからどうしたという話なのですが、この證明願、日本語用の用紙なので、縦書き仕様で予め「年」「月」「日」などは印刷された状態だったので、紙はアメリカ産だしアメリカで扱われた資料なんだよなぁ…と改めて実感したりしたのでした。

 

しかし今まで何百枚と同じ種類の用紙を触っていたのに、今日まで気がつかなかったことが不思議…。

ようやく文字以外の情報も読み取る余裕が出てきたに違いないと前向きな解釈をして自分を納得させることにします。

 

 

~おまけ~

昨日、7月4日はアメリカ独立記念日で、各街で花火があがりました!

シアトルではLake Unionに花火が打ちあがるので、Gas Works Parkという湖に面した公園に見に行きました。

f:id:seattle2017:20170706154056j:plain

かつてガス工場があった跡地で、ツタの絡まる製油塔もそのまま保存され公園として整備されています。

色んな人に人がたくさんいるよ!といわれてはいたのですが、開始4時間前にはすでにこのような感じ。

f:id:seattle2017:20170706154007j:plain

 

花火はGas Works Parkから見るとダウンタウン方面にあがります。

f:id:seattle2017:20170706153937j:plain

こちらの花火(大会)は本当に一瞬で、日没も遅いため10:20pm開始の10:45pm終了という短期決戦です。

独立記念日とあり、開始前も打ち上げ中の音楽もThe Star-Spangled Bannerだったり、花火もアメリカンカラーな感じだったり。

f:id:seattle2017:20170706155151j:plain

f:id:seattle2017:20170706155224j:plain

日本とは異なる雰囲気の花火を楽しめました!

 

図書館紹介~シカゴ大学図書館The Joseph Regenstein Library編~

前回に引き続き、シカゴ大学の図書館紹介です。

今回は東アジアコレクションも含む人文・社会学系図書館のThe Joseph Regenstein Libraryを紹介します。

f:id:seattle2017:20170630144808j:plain

 

1970年にシカゴの建築会社Skidmore, Owings and Merrillにより建築されたこちらの図書館は、内装は一部改築していることもありますが、建物の構造自体が古さを感じさせない設計だと感じました。

f:id:seattle2017:20170630145654j:plain


1階の入館ゲートを通過すると各サービスカウンターとCollaboration Zoneがあります。

 

 

サーキュレーションデスク。

f:id:seattle2017:20170630150005j:plain

自動貸出はスマホにアプリを入れてできるようにもなっているそう!便利…!

 

レファレンスデスク。

f:id:seattle2017:20170630150344j:plain

 

TechLab。ここはライブラリアンではなくIT系の部署のスタッフ&学生が窓口に。

f:id:seattle2017:20170630150258j:plain


館内にはカフェもあります。

f:id:seattle2017:20170630150619j:plain

以前はレファレンスブックを配架していたエリアのようですが、全て撤去し飲食可に。

 

上の階にあがると、書架が一切ない共同学習スペースのcollaborative learning centerがあります。

f:id:seattle2017:20170630155756j:plain

 

以前はパーテーションで区切ったゾーニングを行っていたそうですが、昨年9月に開放感のあるフロアに生まれ変わりました。
壁は全面ホワイトボード。ちなみにペンは貸出ではなく購入式です。

f:id:seattle2017:20170630151432j:plain

UWもそうですが、文房具の自動販売機、いいですよね。
学生にもよく使われるエリアで、学期期間中は常に席が埋まっているとか。
更に席は追加予定があるそうです。

 

更に上の階へ行くと書架が並んでいます。

f:id:seattle2017:20170630154913j:plain


閲覧席はのびのびとした感じ。

f:id:seattle2017:20170630154721j:plain


最上階の5階にEast Asian Collectionがあります。

f:id:seattle2017:20170630151721j:plain

シカゴ大のEast Asia Collectionは、アメリカ中西部ではミシガン大学に次いで多いコレクションだそうです。

1986年まではHarvard-Yenchingの分類、それ以降はLC分類で主題別に配架されています。

一部は目録作成前に配架せざるを得ない資料もあり、各主題下ではなく受入順に請求記号が付与されている資料もあります。

f:id:seattle2017:20170630155032j:plain

 

箱入りの三田文学も。

f:id:seattle2017:20170630152626j:plain

 

同じく5階に一般書&製本雑誌が並ぶエリアとは別に、レファレンスブックと雑誌、データベースが使用できるエリアがあります。

f:id:seattle2017:20170630152819j:plain

f:id:seattle2017:20170630152959j:plain


吉村さんの事務室もこちらにあります。

f:id:seattle2017:20170630153059j:plain

破棄してしまうブックカバーを可愛く活用されてました!

 

シカゴ大では、ライブラリアンの日本人は吉村さんしかいらっしゃらず、選書から発注、カタログにレファレンスと全てお一人でされています。
最近は学内だけでなく学外からも色々とJapanese Studies関連の質問が来るそうです。

 

今回、館内ツアーのみだけでなく、カタログのこともPC操作を交えつつ説明してくださり、お忙しいところ3時間近く時間を割いていただきました。

ちなみにシカゴ大の図書館システムはKuali OLE(Open Library Environment)で、クラウドベースのシステムですが、今はローカル版?のみの使用で特に他機関のデータを活用できるという状態にはないそうです。

 

UW以外にも、英語圏での日本語コレクションの選書から配架までを知ることができたのは、非常に興味深く貴重な経験でした!


 

~おまけ~

シカゴの街中で見かける自転車シェアリング。大学前にもありました。f:id:seattle2017:20170630154321j:plain

 

f:id:seattle2017:20170630154400j:plain

図書館紹介~シカゴ大学図書館Joe and Rika Mansueto Library編~

シカゴ滞在の4日目は午前中のALA Annualののち、シカゴ大学を訪れました。

 

訪問したのはThe Joseph Regenstein LibraryとJoe and Rika Mansueto Library。

シカゴ大Japanese Studies Librarianの吉村亜弥子さんにご案内いただきました。

f:id:seattle2017:20170629141250j:plain

 

図書館がある地は、1942年、シカゴ大学で核実験が行われた土地でもあり、The Joseph Regenstein Libraryの脇にはヘンリー・ムーア作"Nuclear Energy"がひっそりと佇んでいます。

f:id:seattle2017:20170629141640j:plain

右側のドーム状の建築物は"The Egg"の愛称で親しまれるJoe and Rika Mansueto Library。

まずはこちらの図書館から館内を巡りました。

 

Joe and Rika Mansueto Libraryは2011年に開館した図書館で、入館はThe Joseph Regenstein Libraryからとなり、館内で繋がっています。

 

館内の様子。地上には書架はなく180席の閲覧席のみあります。

学期期間中は席が常に埋まる盛況ぶりだそう。

そして机や椅子は、建築にあうよう全てオーダーメイドだそうです…!

f:id:seattle2017:20170629143746j:plain

 

外からの図。

f:id:seattle2017:20170629143826j:plain

内外から向こう側がよく見えますが、ガラスはUV、断熱加工のため、訪問当日も確かに日差しがあっても問題なく過ごせました。青空を見ながら勉強できるのが素敵ですね。

加えて入館ゲートまで戻らずとも脱出できる地下通路&臨時ゲート(ガラスが開くようになってます)及びスプリンクラー搭載とのことで、防災面もばっちりです。

 

この図書館が有名なのは、見た目だけではなく地下にもあります。

f:id:seattle2017:20170629144455j:plain

↑ちょっとわかりにくいのですが、地下を覗いている写真です。地下には約350万冊が収容可能な自動保存書庫があります。

利用者はカウンターでリクエストをすると、リクエストされた本はクレーンでピックアップされて地上へ。

f:id:seattle2017:20170629151417j:plain

全自動で資料をピックアップできる上に収容冊数も驚きの数字ですが、費用も日本円で約25億かかっているという…!州外、国外からも見学のある施設で、今回私が訪れる数日前には日本から丸善主催のツアーでいらしていた方たちも地下の書庫内を含め見学されていったようです。

 

また、もう一つの特徴としては、資料保存に携わるPresevation&Conservationの部署が、ドームの半分、閲覧席と同じ階に位置しているということが挙げられるかと思います。

サービス系の部署でないとバックヤードに事務室を構えがちですが、日が当たり、利用者の雰囲気をすぐ近くで感じながら仕事ができるのも、(実情はわかりませんが)刺激のある日々を送れそうです。

 

 

本当は1ページにまとめようと思ったのですが、長くなりそうなのでThe Joseph Regenstein Libraryは次回お送りします~

 

~おまけ~

少しだけキャンパス(The Joseph Regenstein Libraryの南側)もご紹介。

f:id:seattle2017:20170629153812j:plain

f:id:seattle2017:20170629154006j:plain

f:id:seattle2017:20170629153918j:plain

ツタの絡まる校舎も多く、歴史と自然を感じられます。

ALA Annual 2017@シカゴその4

今日は遂にALAとシカゴ滞在最終日です!

(昨日はシカゴ大学図書館を見学したので、別の記事でご紹介します。)

 

最終日のALA Annualは閉式スピーチのみ、今年のスピーカーは皆さんご存知、ヒラリー・クリントン氏です。

f:id:seattle2017:20170628150148j:plain

シカゴの生まれなんですね。

例年にないかなりのビッグネームなようで、どんな雰囲気になるのかとそわそわしながら会場へ。
開式1時間前には到着しましたが、すでに会場の8割方は埋まっており、様子などを撮影しているうちにあっという間にほぼほぼ満席となりました…。

何人参加していたのかはわかりませんが、報道のカメラも数台来ていました。

 

遂に登場。
私の席からは遠かったので、写真だと小さいです。

f:id:seattle2017:20170628151913j:plain

 

↓早速You Tubeにもあがっているので詳しい内容はこちらでどうぞ。

youtu.be

一番会場が盛り上がったメッセージは、

"You have to be on the front lines of one of the most important fights we have ever faced in the history of our country: The fight to defend truth and reason, evidence and facts"

という箇所だったと思います(既に複数の報道記事でもこの部分はピックアップされてるみたいです。)
スピーチ自体、要所要所で拍手が何度も起こりましたが、ここはスタンディングの上での拍手喝采でした。
図書館員に対し「戦え」という強いメッセージを発信し、また、それに会場中が答えるという姿勢に、アメリカのライブラリアンの力と熱意を感じました。

来年のALA Annualはルイジアナ州ニューオーリンズで開催。

これにてALA Annual 2017は終了!

全てが新しい、刺激的なことばかりの5日間を過ごすことができました!

 

閉会スピーチ後は、空港に向かうまでの時間でシカゴ市内を散策しました。

 

ホテルから近かったのに中々いけなかったミレニアムパークのCroud Gate。

f:id:seattle2017:20170628153219j:plain

天気も良かったため、シカゴの街並みと青い空が綺麗に映っています。

 

Michigan Avenue Bridgeからの風景。トランプの文字、主張してますね…。

f:id:seattle2017:20170628153757j:plain

Chicago Riverにはシカゴ市内の建築物などを紹介するクルージング船がたくさん!

時間があれば乗りたかった。

 

川沿いを上っていくと、コーンタワーの愛称のあるマリーナシティがそびえています。

f:id:seattle2017:20170628161145j:plain

自動車も含め、芸術的…。

 

建築で有名なシカゴの街ですが、街中に突如現れる屋外芸術の数々も素敵です。

川沿いのコーンタワーを通り過ぎ、Clark Streetを南に下って歩くと、通り沿いにジーン・ドゥブフェットの「Monument With Standing Beast」、ピカソの「The Picasso」、ミロの「Statu in Chicago」、カルダーの「Flamingo」辺りを順にみることができます。

 

ちなみにMonument With Standing BeastとFlamingoはシカゴ美術館に小型レプリカもあります。

 f:id:seattle2017:20170628162620j:plain

 

正直、ALA Annualのことで頭がいっぱいかつ時間もなさそうだったので、事前にシカゴの観光予定は全く立ててなかったのですが、市内だけでも見どころがたくさんあり、その場で思い立って行けた範囲だけでも個人的には満足です。

 

明日からはまたUWでの仕事に戻ります!


~おまけ~
シカゴ土産にVosgesのチョコレートを購入。

オヘア国際空港内にショップがあります。
変わり種の味が有名みたいですが、Library仕様のパッケージを思わず買ってしまった…。

f:id:seattle2017:20170628160009j:plain

ALA Annual 2017@シカゴその3

今日(6月25日)は以下のセッション3つと展示会場をフラフラしてきました。

 

Cataloging and Classification Research Interest Group

Update on the ACRL Academic libraryTrends and Statistics Survey

FRBR Interest Group

 

今回のブログはセッションではなく展示会場の様子をご紹介します~

f:id:seattle2017:20170626150548j:plain

ホームページだと713のExhibitorが参加していることになってます。

出版社、メーカー、ベンダーなどなど一通り回るだけでも時間がかかります。

 

出版社エリア。

 

各出版社ブースには作家がきており、本を無料かつサイン入りでもらえます。

f:id:seattle2017:20170626151429j:plain

今日はもらおうか迷って結局荷物になるから…とやめてしまいました。

会場内にPost Officeもあるので家に送ることもできます!(海外発送も可)

 

NASAもきてました。

f:id:seattle2017:20170626151703j:plain

 

リフレッシュエリア。

ドローン操縦体験ができるコーナーがあります。

f:id:seattle2017:20170626152114j:plain

f:id:seattle2017:20170626152344j:plain

 

ゲーミングエリアは面白そうでした。

カードゲームやボードゲームのレクチャーがあったり。

f:id:seattle2017:20170626152850j:plain

 

良い感じの写真は撮れなかったのですが、

もちろんLibrary of Congressなどの米国図書館関係のブースや、OCLC、各大学のInformation Schoolのブースもあったりしました。

UWのInformation Schoolも出展してましたね。

展示会場内では他に、各出版社のミニ講演やポスターセッションも行われていました。

 

Annual Conference以外にもお昼に少し時間を取ってシカゴ美術館(The Art Institute of Chicago)にも行ってきました!

f:id:seattle2017:20170626225020j:plain

2時間くらいしか滞在できずとてもすべては回れませんでしたが、館内ガイドに親切に見どころが掲載されているのでそれらをメインに回り、館内のカフェで昼を食べてちょっと休憩したりしてました。

 

Lower Lobbyにあるミュージアムカフェはこんな感じです。

f:id:seattle2017:20170626224704j:plain

食堂?みたいになっており、各料理別になっているカウンターで自分の好きな料理を選択できます。

日曜の昼間でしたが混んではなく、料理もカウンター越しにすぐにもらえるので時間がなくても立ち寄れるかと思います。

個人的にミュージアムオリジナルラベルのビールを飲んでみたかったのですが、缶1本(確か)8ドル!かつこの後セッションも控えていたので断念しました…。

 

 ~おまけ~

本日のビール。

f:id:seattle2017:20170626225801j:plain

夜はイタリアンレストランAcantoへ。

生憎シカゴのタップビールは切れていたので、おすすめされたイタリアのボトルビールにしてみました。

料理もおいしく、量も日本人向けサイズ?なので、色々な種類の料理を楽しめます!

ALA Annual 2017@シカゴその2

今日からついにALA Annual 2017に参加です!

 

ALA Annualは、アメリカの図書館界の年次会(総合展)で、アメリカ図書館界の最新のトレンドを各機関や企業によるセッションや展示会場、ALAの分科会のミーティング等で得ることができます。

日本でも図書館総合展はありますが、さすがアメリカ、規模の違いがスタバの列に現れてます…。

f:id:seattle2017:20170625153034j:plain

 

参加する企業や作家、ゲストスピーカーも豪華です。

今日はサラ・ジェシカ・パーカーがスピーチにきてたらしいです。

少しだけ話してすぐ帰ったみたいですが。

最終日の閉式スピーチはヒラリー・クリントンだそうで、アメリカ図書館界の立場がよくわかる人選だな思います。

 

さて会場に到着し、エスカレーターをのぼり受付へ。

 f:id:seattle2017:20170625153310j:plain

 

今日はセッションをメインに、朝から以下の発表やディスカッションに参加してみました。

 

Students Lead the Library: A Showcase of Student Contributions to the Academic Library

Towson University、University of illinois Springfield、Westminster Colegeのライブラリアンによる学生を主体としたアクティビティ・プログラムのパネル発表。

Towson Universityで、学生/大学が作成した資料や学生の「声」のアーカイブを行っているというのは興味深かったです。

 

RDA Fourum

RDA Toolkit、2018年4月目標に新バージョンがリリース予定らしいですよ。(現行URLは2019年4月まで利用可だけど、新旧で完全に異なるものにするみたいです。)User Worksやトレーニングツールを加えたり、レファレンスや他のエレメントと関連性はよりわかる具体例がもうちょっと充実するとか。とりあえず今の色々なページに飛ばされる感が少しでも改善されるとよいと思います。

 

Elsevier Roundtable

Elsevierの製品アップデートの話だったのですが、これは昼ご飯につられて話半分にきいてました。ごめんなさい。

とりあえずランチの様子だけでも…。

f:id:seattle2017:20170625154908j:plain

f:id:seattle2017:20170625154755j:plain 

 

What Do You Need to Know? Learning and Knowing and Libraries in the Age of the Internet

GoogleのDaniel Russell氏による講演。"Informacy"(Literacy of Information)に関する一般のGoogleユーザーを対象としたが調査が色々と登場し、大学で働いている身としては、さすがに大学生でこれはないと思いたい…という結果も多かったですが、"リテラシー"の概念は変化し続けるというのが様々な具体例でよくわかる講演でした。

文化が変われば見方が変わる身近なリテラシーの例として顔文字/絵文字の読解が挙げられていたのは、まさに今異国の地で痛感しているところなのでした。

 

What Happens to the Library Catalog in the Age of Linked Data? 

大学、公共図書館のライブラリアンによるLinked Dataとカタログのこれからについてのパネルディスカッション。パネルの前の、個々のショートイントロダクションのみ参加しました。特に、シェアカタログ時代、ディスカバリーツールの中の書誌レコードにおいて、Linked Dataをどう活かしていくかという内容だったのですが、日本語で聞いても私には理解するのが難しいと思われ、消化不良ぎみなので、スライドがあがったらあとでよく見返します…。

 

展示もちらっと覗いたのですが、また後日簡単にご紹介します。

一先ず初日はこんな感じでした。

 

夜は、私と同じくワシントン大学東アジア図書館で研修中の、韓国からのVisiting Librarianの方と一緒にシカゴピザ@Gioldano'sを食べてきました!

 f:id:seattle2017:20170625153643j:plain

シカゴサラダとバッファローチキン。

f:id:seattle2017:20170625153749j:plain

シカゴ地ビールのGoose Island Green Line.

ペールエールで飲みやすいです。こってりしたピザにぴったり。

f:id:seattle2017:20170625154016j:plain

昨日、よっぽど一人でもシカゴピザを食べに行こうと思ったのですが、思いとどまって今日にしてよかったです。Smallですら2人でも食べきれないくらいのボリュームでした!

残った料理は持ち帰れるので、これで向こう2日は朝ごはんに困らなさそうです。

ALA Annual 2017@シカゴその1

今日から5日間米国図書館協会(American Library Association)の年次会に参加するため、シカゴにやってきました。

f:id:seattle2017:20170624132722j:plain

 年次会自体は6/22~27ですが、私は明日の24日から参加します。

 

今日は移動で一日終ってしまいましたが、宿泊先のすぐ近くにあるWillis Tower(旧Sears Tower)だけのぼってきました。

 平日ですが意外と?混んでいて、チケット購入まで30分くらい並びました。それでも空いているほうですかね?

 

スカイデッキは103階、約412mの高さ!

f:id:seattle2017:20170624132515j:plain

f:id:seattle2017:20170624132942j:plain

建設時は世界一、今でも全米2位の高さを誇る高層ビルだそうです。

 

スカイデッキにのぼる前に、シカゴの街とWillis Towerの歴史紹介映像が観られるので、シカゴに来た初日に行くのにぴったりです。

 

明日からのALA AnnualはMcCormick Placeをに中心に、一部ダウンタウンのホテルも会場になっています

今まで参加したどの会議よりも規模が大きくて、いまだにどのセッションに行こうか悩んでます…。

特に明日が!悩ましい!

 

無事に色々なセッション以参加出来たらブログでもご報告できればと思います。

27日まで、シカゴを満喫してきます~

 

~おまけ~

(小さいけど)地上に飛行機の影。

f:id:seattle2017:20170624135322j:plain