図書館員@UW研修中のブログ

日本の私立大学図書館員@ワシントン大学東アジア図書館研修中の期間限定更新ブログ。大学図書館での仕事やシアトルの生活をゆるゆるお送りします。

Husky Card発行とU-pass手続き

今回はワシントン大学生活に欠かせない2つのアイテムをご紹介です。

 

①Husky Card(写真は見本。マスコット犬のDUBSくん)

f:id:seattle2017:20170509152120j:plain

学生も職員の必携のハスキーカード。大学が発行する公式の身分証で、学生/職員証、交通系ICカード(U-pass)、プリペイドカード、図書貸出カード等の機能をこれ1枚で兼ね備えています。職員の場合は「STUDENT」部分が「EMPLOYEE」と表示されています。

 

職員の場合は、まずEnployeeIDを取得し、取得後24時間を経過するとハスキーカードの発行が可能となります。

発行窓口はOdegaad Undergraduate Libraryのグランドフロアにある、Husky Card Account & ID Centerです。隣にカフェもあるオープンな雰囲気の窓口で、EnployeeIDを伝えると、その場で写真を撮影し、すぐに発行してもらえます。

 

まだ試してはいないのですが、ハスキーカードにお金をチャージ(クレジットカードで支払い)し、構内の売店等で支払うこともできるそうなので、これさえあれば大学生活には困らなさそうです。

 

②U-pass

ハスキーカードを取得したら、次はU-pass購入へ。Uーpassは、ハスキーカードに付帯させることができる通学/通勤定期券のようなもので、四半期ごとに一定の金額を支払うと、なんと市内のバスや電車等が乗り放題となります。職員U-passは四半期で$150.00、学生は$84.00で購入でき、登録はその場でしてもらえます。

窓口はTransportation Servicesです。

f:id:seattle2017:20170509155652j:plain

 ちなみに学期途中の購入は日割りした金額を支払えばOKです。

こちらも登録後24~48時間の経過ののち、使用できるようになります。登録されたら、あとは交通系ICカード(シアトルだとORCAカード)同様、乗車時にカードリーダーにタッチする等の方法で使用できます。

 

完全に使用できるまでは複数の手続きや時間が必要となりますが、ワシントン大学に所属したらまずはこれ!というのをお送りしました。

 

~おまけ~

Grocery StoreのQFCで買ったSUSHI。がりがおいしい。

f:id:seattle2017:20170510145021j:plain